本文へ移動

クリニックの特徴

クリニックの特徴
中村クリニックでは、医師が定期的・計画的に訪問して病状管理や投薬を行い、患者様や家族様に安心して治療を受けていただくよう心がけています。

在宅診療には、定期的な訪問診療と緊急時の往診があります。
訪問診療は事前に日程を決めたうえで、定期的に診療し病状管理を行っています。急な高熱や病状変化に対して緊急に訪問し、診療するのが緊急往診です。当クリニックでは、在宅療養中の患者様の緊急往診に対して、24時間365日対応できる体制を整えています。

病院での入院生活から住み慣れたご自宅での療養が行えるように、介護を受ける患者様や介護をされる家族様、関係者の精神面に至るまで、総合的に受け止め全力でサポートいたします。

往診の流れ

ご相談
1.ご相談
面談
2.面談
初回訪問
3.初回訪問
定期訪問
4.定期訪問
患者様や家族様、関係機関(医療・看護・介護)からの電話および来院などによる、直接のご相談を承ります。

家族様・関係機関(医療・看護・介護)が来院していただく場合や患者様が入院中の場合は、入院先医療機関にて退院前カンファレンスを実施します。診療システムや内容、費用負担等にご同意いただけましたら、初回訪問を計画し、予定の日時に自宅へお伺いします。
ただし、以上のことがお時間的に厳しい場合には、直接訪問いたします。

定期訪問のスケジュールは、介護保険サービス等も考慮し家族様とご相談のうえで計画していきます。病状に応じて、1~2週間毎の定期訪問診療を行います。継続的な診療により患者様の状態を把握し、病状の管理や緊急時の対応を行います。

緊急時の対応について

事前にお知らせしている緊急連絡先にご連絡ください。24時間365日いつでも対応いたします。

費用負担について

標準負担額とは、月2回の訪問および24時間対応体制のために要する1か月あたりの負担金額の目安です。
※一般的には区分(1)の方が多いです。
対象:高齢者

標準負担額
負担額上限
1割負担
所得区分(1)
約7,000円~8,000円
8,000円
負担割合(2)
一般所得者
14,000円
3割負担
標準報酬月額
28万円以上
約20,000円
57,600円
費用負担について
  • 保険診療ですので、各種健康保険が利用できます。
    お持ちの保険証の種類により、1割から3割の自己負担となります。
  • 1か月分をまとめて、翌月に請求いたします。請求の金額につきましては、翌月の中旬頃に郵送いたします。
  • 介護保険をご利用の方は、居宅療養管理指導料が最大で590円(月額)が必要となります。
  • 以下の予定外往診があった際には標準負担額に加算されます。
    在宅酸素や胃瘻交換・気管カニューレ交換等の医療処置があった場合
    採血等の検査を行った場合
  • 院外処方となりますので薬剤費は別途必要です。
  • 交通費は一切いただいておりません。

病院との連携

病院との連携
以下の病院と連携しながら、ご紹介いただいた在宅の患者様を支援しています。
  • 社会医療法人景岳会 南大阪病院
  • 社会医療法人三宝会 南港病院
  • ふくだクリニック
  • 医療法人 桑江クリニック

チャプレン在籍

中村クリニックには医学的治療だけでなく心のケアをするチャプレンがいます。
関野 和寛
14年間ルーテル東京教会で牧師を務めた後、アメリカミネソタ州のアボットノースウェスタン病院コロナ病棟のチャプレンを務める(臨床牧会訓練レベル1&2)。帰国後、平日は神奈川県や大阪のクリニックでチャプレンとして働き、日曜日はルーテル津田沼教会で牧師をしている。
アメリカでのチャプレン体験記「ひとりで死なせはしない」他著書多数。

チャプレンとは

病院や施設などで働く聖職者をチャプレンと言います。アメリカの病院の約6割にチャプレンがいて、患者さん、ご家族、スタッフのケアをしています。
  
身体の病だけではなく、患者さんには心の苦しみがあります。
病気によって仕事やこれまでできていた事ができなくなってしまったり、人間関係が希薄になったりと様々な孤独があります。
その中で、時間に制限がある医師や看護師だけではその苦しみに耳を傾ける事ができません。そこでチャプレンが30分でも1時間でも時間をかけて患者さんに寄り添い、様々な苦しみを聴かせていただきます。
医療法人旭医道会
中村クリニック
〒559-0001
大阪府大阪市住之江区粉浜1丁目23-31
TEL.06-4701-2558
FAX.06-4701-2559
0
4
4
4
2
7
TOPへ戻る